artofrunning_Tokyo2020_800

2020年オリンピック・パラリンピックの開催地の決定までに数時間となりましたが、ここで僕が今日の昼に完成させた最新のランニングアートのプロジェクトを発表したいと思います。去年のロンドンでの興奮を日本でも実現させるため、東京へのオリンピック招致「TOKYO 2020」の応援として走りました!

route-example今回はこれまでのランニングアートとは全く比べ物にならない、無謀とも言えるくらいの規模でした。東京の街を350km走りました。「TOKYO 2020」 のキャンペーンロゴ、1枚、約2km〜8kmの花びら83枚で出来ています。咲き誇る花が皇居を取り巻くように街の中心をアートのキャンバスとして選びました。

このプロジェクトは今までとは全く違う試みでした。まず最初に、ロゴの細かさと規模から通常のように走った軌跡をそのまま絵にするのでは、きちんとした物は出来上がりません。渡れない川や道、障害があまりにも多過ぎたからです。今回は実験も兼ねて新しい方法に挑戦することにしました。言うなれば「点をつなぐ」です。これには2つのGPS装置が必要でした(iPhoneとGalaxy S4)。そして障害物を避けるために普段より余分に走らなければなりませんでした。

コースがバラエティ豊かだったのも今までと違うところです。ショッピングやエンターテイメントで有名なエリアから、想像できないくらい場所に点在する静かな住宅地。街灯もない暗い小道、高層ビルの裏に隠された小さな神社。ロープウェイが必要なくらい急な坂道に雑草だらけの放置された公園。

ルートの中には病院やホテル、大学のキャンパス、トンネルに、いくつもの橋。花びらのうちの3枚は築地魚市場周辺を走らなければいけなかったし、あとの2枚はロシア大使館の周りを少なくとも8回走らなければなりませんでした(警察もちょっと困惑してた)。時には警察の無線で僕が走っていることが知らされていて、全く別の場所で出くわした警察がすでに僕のことを知っていることもありました。

joseph_supporting_tokyo2020明治神宮で野球の試合があった時は野球場のピッチの中を走ったら、チームの監督に怒鳴られ、選手に笑われてしまいました。街ではすでに僕のことを知っていて今は何を走っているのか、と声をかけてきてくれる人もいました。

僕がどこを走っていても、出会う人は職業等関係なく、みんな親切でした。笑顔に笑い声、質問をしてきたり、応援してくれたり。

このプロジェクトを通してさらに東京を知れたと思います。そして、以前よりもここが僕の「ホーム」だと感じるようになりました。温かくて、特別で素晴らしい街です。

2020年のオリンピック開催地にはぜひ東京が選ばれて欲しいと思います。街や国全体を元気づけてくれるに違いありません。そして世界中の人が東京に来た際には忘れられない経験をして帰ってくれると信じています。

Google EarthのGPSデーターはこちらです。

アップデート: やりました!
今回のプロジェクトが望む結果になってくれました!
オリンピック開催地が東京に決定!
今からとっても楽しみです!グレートな7年になりそう!

Pin It on Pinterest

Share This