こんにちは

イギリス出身のデジタルメディア・プロデューサー。妻と息子との3人で千代田区在住。2009年の来日以来、国内外でコンサルティングや講演者として幅広く活動し、ウェアラブルマシンを装着しての東京マラソンの生中継やランニングした軌跡をGoogle Map上に残して絵や文字を描く「ランニング・アート」が注目を集める。最近では衣装に arduinoを用い、独自のストリートパフォーマンスをよりインタラクティブにすべく開発中

ランニング アート: LEDの軌跡

The Art of Running: LED Traces

走った跡を記録するのが好きです。

これまでのランニングアートではGPSを使ってバーチャルな軌跡をデジタルマップ(Google Earth等)上に残していました。

冬の日が短くて夜の暗闇が長い間(僕がだいたい走る時間)にLEDを使って光で僕が走る軌跡を残せるのではないかと思いつきました!秋葉原のLEDスペシャリストとタイアップして用意した、何メートルものライトを自分に巻いて、腰に巻いた思いバッテリーから電源を送りました。

最初は今まで昼間にやっていたように夜走るときも人を笑わせ、笑顔にすることが目的でしたが、とても効果的でした。夜間でも道だけでなく人も明るくすることができました。

家に帰ってから、ある実験をしてみたいと思い立ちました。

DSLRの長時間ショット機能を使って10秒シャッターの設定にし、三脚に載せ撮影をしました。結果はとても面白い物になりました!全く新しい形で軌跡を残すことができました。

以下の写真は僕のお気に入りのいくつかです。

ArtOfRunning-Light_4790
ArtOfRunning-Light_4796
ArtOfRunning-Light_4805
ArtOfRunning-Light_4815
ArtOfRunning-Light_4819
ArtOfRunning-Light_4829
ArtOfRunning-Light_4835
ArtOfRunning-Light_4837
ArtOfRunning-Light_4838
ArtOfRunning-Light_4841
ArtOfRunning-Light_4842
ArtOfRunning-Light_4851
ArtOfRunning-Light_4847

One Response to “ランニング アート: LEDの軌跡”

  1. Kaz より:

    ロケーションとうまくマッチしていてcool ですね! 似たようなものはCG とかを使えば簡単に作れたりするのかも知れないけど、実際に自分の身体を使って表現することに面白さとか価値があるのかなと思いました。

Leave a Reply