fbpx

softbank-Otosan-Running-Art_910

僕が他のクリエイティブなテクノロジーを使ったプロジェクトに加えてランニングアートを始めるようになったきっかけは日本で iPhoneがリリースされたことでした。

2008年に日本に来て2時間後には近所の SoftBankストアに行って最初のiPhoneをゲットしました。アップルとソフトバンクの提携によって日本でリリースされたばかりの頃です。

最初にタッチパネルを触った時からiPhoneの虜になりました。新しいモデルが出るたびに楽しみで、SoftBankの孫正義氏による発表イベントにも参加しました。

Softbank-Otousan-3d

今、僕が使っているモデル iPhone5S も、もちろん活用しています。特にランニングのプロジェクトをする時はメインのツールとして使用しています。SoftBankのLTEネットワークが始まって、テザリングが可能になってからは iPhone 一つで多くのことが出来るようになりました。

実際に先週の東京マラソンでは、他のモバイル機器の中継が遮断されててしまった時も iPhoneとUstreamだけは問題なく、ゴールまで中継しながら走ることが出来ました。

僕はSoftBankブランドのファンでもあります。特に「お父さん」が大好きで、彼のキャラクターがSoftBankのブランドのユニークさを象徴していると思います。会社の広告塔として6年間、盛り上げてきたのは素晴らしい!

SoftBankがこれまで僕のプロジェクトの中で重要な働きをしてくれていたことから、次のプロジェクトは東京の北側に「お父さん」を描きました!

Pin It on Pinterest

Share This

Share This

Share this post with your friends!